傘から、CASAへ

CASA PROJECTとは、「不用になった傘を新しく生まれ変わらせるプロジェクト」です。
私たちのまわりには、壊れたり忘れられたりして、不用になってしまった傘が溢れています。
それらは一見するとただのゴミですが、少し見方を変えるだけで、新たな材料に見えてきます。

そこでCASA PROJECTでは、 傘という素材を活かしたものづくりを展開し、
また実際にものづくりを体験できるワークショップを行っています。

CASA PROJECTの一番の目的は、身近にあるもので工夫して「自分でつくる」ことを楽しむこと。
一人ひとりが必要以上にモノを買うことをやめ、生活に必要なものを自分でつくるようになれば、
クリエイティブでサステナブルな未来が見えてくるはずです。

CASA PROJECTは2007年よりスタートし、ゆっくりですが目的を見失わないように活動を続けてきました。
現在も一個人の活動として運営していますが、
CASA-memberのみなさんに支えてもらいながら、日々CASAづくりを行っています。
CASA PROJECTは、誰でも参加できるプロジェクトです。
ちょっと気になった方は、ぜひ一緒にCASAづくりを楽しんでもらえたら嬉しいです。
そしていつか捨てられる傘がなくなって、活動を終えられる日が来ますように。


CASA PROJECT 代表 HOUKO

From Umbrella to "CASA"

The CASA PROJECT is a "Project to bring life back into umbrellas that are no longer needed.
("CASA" means umbrella in Japanese.)
There are lots of umbrellas that have become waste because they are broken or have been forgotten.
At first glance, they are just waste. However, from a different angle, it will come into view as a new material.

Therefore, in the CASA PROJECT, we take out the best materials of the old umbrellas.
We have been holding workshops to share the experience of creating.

The primary motive of the CASA PROJECT is to enjoy the 'do it yourself' method, and get creative with what we already have.
We believe that in the future, if people are creative and self sustaining, they will have no need to buy unnecessary things,
and can make the things they need in life, by themselves.

The CASA PROJECT began in 2007.
We have slowly continued to work, without losing sight of our original purpose.
Still running the project as an individual activity, we continue to build day by day,
fueled by the spirit and energy of our members.
Anyone can participate in the CASA PROJECT. If you are interested, please come join us and hopefully,
we can enjoy building with umbrellas together.
I look forward to the day when there are no more wasted umbrellas, and the CASA PROJECT has met its goal.


HOUKO